余った毛糸で「もこもこラグ」を手作りしてみよう!

カラフルな毛糸

子供から大人まで楽しめる毛糸編み機

マフラーを編む

皆さんは何を使って編み物をしますか?編み物といえば、棒針やかぎ針編みが一般的ですよね。でも、最近は毛糸編み機を使って毛糸の作品作りを楽しむ人が増えていることをご存知ですか。

毛糸編み機といっても、100円ショップで売っているものから本格的なものまで、その種類は多彩です。
もっとも本格的なものは、家庭用毛糸編み機というもので、昔といっても今のおばあちゃん達が若かった頃、家庭用毛糸編み機を持って教室に通うことが花嫁修行の一つとして大流行したそうです。今は随分軽くコンパクトなサイズのものが手芸店などで売っています。
ただ、この家庭用毛糸編み機は、独学で使いこなすには少し難しいため、最初は編み物教室などに行って、使い方をマスターする方が良いようです。

機械編み機の利点は何と言ってもそのスピードです。
手編みの何倍もの早さで作品を完成させ、なおかつ手編みの風合いも残せる家庭用編み機です。家族全員のお洋服を編みたい、なんて方にはオススメです。

もっと簡単なものでは、平編みや輪編みができる外国製の円形の編み機があります。こちらは最初に糸を掛けてしまえば、後はハンドルを回すだけです。
マフラーや帽子はもちろん、平編みをつなげばベッドカバーのような大きな作品もあっという間にできあがります。編み方の解説書や説明書もついているので、初めてでも安心です。

100円ショップや手芸店で売っているプラスチック製の簡単な作りの編み機は、突起に毛糸を「掛けて」「すくう」だけで、どんどんマフラーや帽子などの作品が編めてしまうというタイプのものです。
子どもから大人まで楽しんで編むことができます。またお値段安がいのも魅力のひとつですね
おもちゃメーカーから子ども用の毛糸編み機が発売されています。子ども用ながら、程よく難しさも兼ねていて、おばあちゃん・お母さん・お子さんと、3世代で楽しめるものとなっています。

このように、毛糸編み機はじわじわとブームの兆しが見えています。まだ編み機に挑戦したことがないという方は、ぜひ挑戦してみてはいかがですか。