余った毛糸で「もこもこラグ」を手作りしてみよう!

カラフルな毛糸

編み物初心者はまずはマフラーから…

マフラーを編む

私が初めて編み物を始めたのは、高校1年の冬でした。当時お付き合いをしていたボーイフレンドに、クリスマスプレゼントとして手編みのマフラーをあげたかったのがキッカケです。ですが、全くの初心者だったので、まずどこから手をつけてよいかわからず、編み物上手な友人に相談するところから始めたことを思い出します。
身近にそういう人がいない場合、最近はインターネットの毛糸専門店なども沢山あり、もし近所に毛糸のお店などがある場合は、そこで店員さんにまずは初心者だということを伝えて、編みやすい毛糸の種類や編み方などのアドバイスをお願いしてみることをオススメします。
毛糸の専門店などに行けば、だいたいのお店には分かりやすい編み図なども用意してありますので、毛糸や編み針などの購入と一緒に無料で編み図をくれるところが多いと思います。
私の場合、最初はメリヤス編みのとても簡単なマフラーから作ってみました。次に編みやすいのが、二目ゴム編みです。毛糸は、最初にふわふわとした広がりやすい素材のものを選ぶと、網目がわかりにくいので、初心者には不向きだなと感じました。
毛糸も1玉200円くらいからの安価なものから外国製品などの高価なものまで様々ありますので、予算も決めてから相談してみるのが良いかなと思います。